Rebron Homes Through My Voice German Version / 2017

Please feel free to walk around
while you listen to the audio work.
You may find 15 postcards on your way.

How does the process of transforming a personal memory into someone else’s work? After an event has passed by, it is impossible to share places, sceneries and sounds exactly in the same way. However, through revealing and sharing one’s memory, it is recreated in the listener’s imagination, based on her/his own experiences. It may be very concrete or even imaginary.
Reborn Homes Through My Voice was presented at the Japanese sculptor Denchu Hirakushi’s House and atelier in April 2017. The audio material is based on recordings in the venue and interviews with local inhabitants around the Ueno Sakuragi area, Tokyo, Japan. It was originally composed as a narrative 4-channel-installation. This site-specific work is adapted to Nairs through a German translation and 16 postcards scattered throughout the space. The small aural episodes on the postcards function as a visual supplement of the audio, as well as inviting for own interpretations.

どうぞご自由に歩き回ってください。
15枚のポストカードが会場に散りばめられています。

個人的な記憶はどのようにして誰かの記憶へと変化していくのだろうか?出来事が過ぎ去ったあと、全く同じ方法でその場所、風景そして音を共有することは不可能である。しかし、その共有の過程において、その記憶は聞き手の経験に基づいて再創造される。それは具体的なイメージを伴ったものかもしれないし、抽象的なものかもしれない。
わたしの声でよみがえる家は日本の彫刻家、平櫛田中の住まい兼アトリエで2017年4月におこなった展覧会のうちの一作品である。音源は、会場がある上野桜木エリアの近隣住民へのインタビュー、会場でのパフォーマンスの録音を元にしており、4チャンネルのインスタレーションとして制作された。このサイトスペシフィックな作品は、スイスの現代美術館NAIRSでの展示のため、ドイツ語のナレーションとともに再構成され、会場に散りばめられた15枚のポストカードとともに展示された。カードにかかれたのは音にまつわる断片的な記憶だ。音とは異なる位相で、それぞれの自由な解釈を誘発した。


Exhibited at the group show SPOT ON Nairs, Contemporary Art Center Nairs, Scuol, Switzerland in 2017-2018

グループ展SPOT ON Nairsで展示、現代美術館Nairs、シュクオル、スイス、2017-2018