Based on research about the legendary Slovak composer, musicologist and intermedia artist Milan Adamčiak and his works, Hojo presents five works with using scores, sounds, and visual images, in her exhibition Lost and Found. As a sound-based interdisciplinary artist, Hojo had an interest in Adamčiak’s massive body of work, and its social, political and cultural background, especially in 1970s. The main research question underneath this project is ‘What is forgotten in the archive, and how can we imagine the lost/silenced voices?’. Through overlapping the general meaning of ’Lost and Found’, a place where things that people have lost are stored, this exhibition would welcome visitors to imagine and rediscover lost or ignored parts, which have been regarded as meaningless. Consequently, this will also bring new questions as ‘What is the valuable?’ and ‘Who can decide it?’.

個展Lost and Found は、伝説的なスロバキアの作曲家、音楽学者、そしてインターメディアの芸術家ミラン・アダムチェク(MilanAdamčiak)と彼の作品についての研究に基づいて、はスコア、サウンド、ビジュアルイメージを使った5 つの作品から構成されている。プロジェクトはアダムチェクの数多くの幅広いジェンルに渡る作品、そして特に1970 年代にその社会的、政治的および文化的背景への興味から出発した。「歴史の中で忘れられていること、そして失われた/ 沈黙した声をどう想像できるか」をテーマに、60 年代に実験音楽家として活躍しつつ、70 年以降の強硬な共産主義下で忘れ去られ、のちに再発見されていくアダムチェクについてのリサーチをおこなうと同時に、スロバキア滞在ににおける自身の日常をお茶の出がらしで毎日記録した。展覧会では、価値のないものとして重要視されない(されなかった)これらの「素材」を用いて、「遺失物取扱い所」を創出させた。忘れられた、しかし捨てられたわけではない場所。新たな拾い主を待ち続けながら、これらはまた、「何が価値があるのか 」、そして「誰がそれを決定できるのか」という新たな質問を投げかける。

Exhibited works
Ghost (2018)  Teared paper (Used the copy of Adamčiak’s Score Lost Scores made in 1990), 3 picture frames (61.5*91.5cm)
Cohabitation (2018)  Slide Projector, 40 films based on photographs of Adamčiak’s scores
Stained Score (2018) 6 m Scores, 13minute audio(stereo)
Un/steadiness I (2018) 6 minute audio (stereo), Display with the copy of Adamčiak’s score Grenzenspiel I made in 1968
Un/steadiness II (2018) 8 transparent plastic boards
作品リスト
Ghost (2018) 3つの平面作品、ミラン・アダムチェクのスコア「Lost Score」(1990)を使用
Cohabitation (2018) 40 枚のスライドプロジェクター
Stained Score (2018) 6m のスコア、紅茶のシミ、茶葉
Un/steadiness I (2018) 6 分の音源(ステレオ)、ミラン・アダムチェクによるスコア‘Grenzenspiel I’(1968)
Un/steadiness II (2018) 透明な8枚の板

Credit
Exhibition LOST AND FOUND / 28. 11. – 4. 12. 2018 at Kotolňa [Košice, Slovakia] The residency program is supported using public funding by Slovak Arts Council.
The stay is also supported by Košice city and Creative Industry Košice.
The residency is organized in cooperation with Youkobo Art Space.

クレジット
展覧会 Lost and Found / 2018年11-12月 Kotolňa(コシチェ、スロバキア)にて開催。
2018年10月-11月のスロバキア、コシチェのアート・イン・レジデンスKAIR(遊工房との交換プログラム)の成果発表として実施