This work departs from on an oral history interview with John Lennon and Yoko Ono made on 6 December 1980, two days before Lennon’s death. Whereas John had been without interruption, Yoko was often muted and mostly accompanied his speech by laughing with high soft small voice. In Japanese society, people insert ‘aizuchi’ – a sort of backchannel such as ’huh’ or ‘yeah’ – quite often during the conversation, to let the other speaker know that they are actively listening. Although Yoko seems to inhabit this specific behavior, there is equally an absence, a meandering in a different time and place. Listening becomes the act of imagining unspoken words, and gradually shifts into a fluidity between listening and speaking.

この作品はジョン・レノンが射殺される2 日前、1980 年12 月6 日にニューヨークでおこなわれたジョン・レノンとオノヨーコへの歴史的インタビューの音声をもとに制作された。インタビュー中にジョンが絶え間なく喋り続けるのに対し、ヨーコはしばしば沈黙し、ほとんどは、高く、かすかな、小さな笑い声で応答している。日本の社会では、相槌という英語圏でいうバックチャンネル——「huh」や「yeah」といったことば——が会話のなかで頻繁に挿入される。これは相手に対して「あなたの言っていることをちゃんと聞いています」という意思表示である。ヨーコはこの特定の振る舞いを継承しているようにみえるが、その声は同時にどこか空虚で、別の時間・空間をさまよっているようにも聞こえる。「 聴くこと」は話されない言葉を想像する行為となり、徐々に「聴くこと」と「話すこと」の流動性へと変化していく。

Credit
[Performance ver.]Material:  Score, Two self-made instruments with 9 channels, One self-made instrument, Stereo, two other speakers put throughout the space.
Length: Approximately 15 minutes
Premiere: LUX, London, 2018 as a part of the exhibition ORGASMIC STREAMING ORGANIC GARDENING ELECTROCULTURE

[Installation ver.]Material: Video monitor, 4channel loudspeakers
Length: 17 minutes
Premiere: Solo Exhibition ‘Unfinished Descriptions’ at Hundred Years Gallery, 2018

クレジット
パフォーマンス版:スコア、4チャンネルスピーカー、5 チャンネル自作スピーカー
長さ: 約17 分
初演: 展覧会「ORGASMIC STREAMING ORGANIC GARDENING ELECTROCULTURE」LUX、ロンドン、2018 年5 月

インスタレーション版:ビデオモニター、4 チャンネルスピーカー (ビデオ撮影: Giles Bailey)
長さ:約17分
初演:個展Unfinished DescriptionsHundred Years Gallery、ロンドン、2018 年9 月