This four-channel sound installation “Whiff,” is inspired by the space of a former library. From the empty space that devoid not only of books but even bookshelves, one can hardly sense the remnants of the days it had functioned as a library. What kind of “books” and “people” used to inhabit this space, and what kinds of “sounds” had been produced? During the process of production, the artist got to know that in many languages the term “book” came originally from trees, as well as the fact that the Latin word “liber” from which the word “library” is derived, literally means “inner bark of trees.” Through tying book that piles of paper sewn with threads into the bark that were peeled off and fallen from the tree trunk, this work quietly rises a whiff of libraries from ancient times to the present.

さいたま国際芸術祭2020で発表された4チャンネルのサウンド・インスタレーション《気配》は、旧図書館という環境からインスピレーションを得て制作された。目の前に広がる本や本棚さえない空っぽの空間からは、図書館として機能していた頃の名残はほとんど感じられない。そこにあったはずの、いまはなくなってしまった「本」や「人」、そしてそこから生み出される「音」はどのようなものだったのだろうか。作家は、制作の過程で、「本」の語源が多くの言語において木にまつわるものであること、特に「図書館」の語源であるラテン語のLiber が、「木の樹皮の内側」であることを知る。現代における本の姿形ーー紐で綴じられた紙の集積ーーを、木の幹から剥がれ落ちた樹皮と重ね合わせてみることで、はるか昔から現代に至る図書館の残り香が静かにたちあがる。

Credit
4 channel sound installation
Speakers, Speaker Stands, Audio 10 minutes 38 sec.

Collaborative Performance with a poet Naha Kanie

Presented at Saitama Triennale 2020October 17- November, 2020  at the former Omiya Library

Credit

4チャンネルサウンドインスタレーション
スピーカー、スピーカースタンド、音源(10分38秒)

詩人カニエ・ナハとのコラボレーションパフォーマンス

さいたま国際芸術祭2020にて発表|20201017– 1115日 旧大宮図書館2階にて開催