Music for the Skull / 2017

This is a listening practice mainly for the performers. Through moving one’s mouth, tongue, nose, teeth, eyes, eyelash, eyebrow, and all of the facial muscles, performers listen and correspond to the sounds which resonate in their skulls. Sounds which are produced with closed ears are individual, private and inaudible to anyone else. Where do these sounds come from? What organs listen to these sounds? It is an attempt to make ears free from its original function.

これは主にパフォーマーのための聴取実践である。口、舌、歯、目、まつげ、眉毛を動かし、顔全体の筋肉を活用することで、頭蓋骨に鳴り響く音を聞き、それに呼応していく。耳を閉じた状態で生み出される音は個人的で、プライベートで、他の誰にも聞こえない音である。これらの音はどこから来ているのだろうか?どの器官がこれらの音を聞いているのだろうか?耳を耳という機能から解放する試み。

Credit
For two performers
Materials: Microphones, Earplug, Chewing gum, Score
Length: approximately 20 minutes
Premiere: EEMT Euro Tour, IKLECTIK, London, 2017

クレジット
2人のパフォーマーのための作品
素材:スコア、チューインガム、耳栓、ライト、マイク
長さ:約20 分
初演:実験音楽とシアターのためのアンサンブル ロンドンーベルリンツアー(SPKTRUM、ベルリン) 2017 年