7 specific sources of inspiration have been chosen from the objects, sounds and sites in the Flat Time House. These recall the personal memories of the artist. Each memory is written as a text. The memories are fragmentary, but, at the same time, they bring with them particular images and indefinable feelings. The audiences wander throughout the spaces and encounter the narrations, which are told in low voices. The concept of the work is the instability of the ownership of memory. The artist’s memories are translated into texts, and others read these texts as if the memories were their own. These “texts” have two features; one is as a document of the original experiences/memories and the other is as a kind of score representing the experience. The texts depart from the artist’s own experience/memories, from her mind/body/identity and become a documentation of these experiences and memories, allowing others to create different representations through their different voices and connect their memories to others’ experiences and identities. Through being repeated again and again, the relationship between these texts and the artist’s original memory, between the original memory and its owner becomes unstable; the work raises questions: Whose memory is this? Is this a real or fiction? Who is the narrator? Where does this voice come from? How does the relationship between texts and narrators change? Do different narrators change the text? How does one’s memory become a part of others’ experience or reality?

コンセプチュアル・アーティストJohn Latham の住居兼アトリエだった場所、Flat Time House。アーティストはそこから個人的な記憶を呼び起こさせる7つのオブジェクト、音、そして場を選んだ。各々から思い出されるのは、特定の光景や言葉では言い表せない感情 などの過去の経験だ。これらの個人的な記憶は複数の他者によって繰り返し語り直され、耳を澄まさないと聞こえないほどの小さな音で再生される。 個人的な記憶はどのようにして「所有」され、他者と共有されるのか。 そして、共有された記憶はどのようにして新たに「所有」されるのか。 Drifting Memoriesはこのような疑問を作品のコンセプトにしている。7つのオブジェクト、音、場によって思い出されたアーティストの記憶はテキストとして書き写され、他の人々がこれらの記憶をまるで自分の記憶であるかのように朗読する。テキストはアーティスト自身の 経験・記憶から、そして彼女の心身・身体・アイデンティティから離れ、これらの経験・記憶の客観的な「記録」となる。そして繰り返し語り直されるナレーターの声を通して、ナレーターそして観客自身の記憶と彼ら自身の経験、そしてアイデンティティーを結びつき、新たなイメージを生み出す。27 人の声が幾度なく繰り返される度、これらのテキストとアーティストのオリジナルの記憶、そしてそのオリジナルの 記憶とその所有者の関係は不安定になっていく。そして次のような疑問を生じさせるであろう。これは誰の記憶なのか?これは本当の話なの か作り話なのか?誰が話しているのか?この声はどこから来るのか?テキストとナレーターの関係はどのようにして変わるるのか?別々のナ レーターはテキストを変えているのか? そして、どのようにして誰かの記憶はまた別の誰かの記憶や経験になりうるのか?

 

Credit
Site-specific sound installation
27 narrators’ voices play from small Bluetooth loud speakers, a score for an audience and a booklet of collecting narrator’s memories
Exhibited in the group show Bodies that Matter, Flat Time House, London in 2015.
クレジット
サイト・スペシフィック・インスタレーション
小型ブルートゥース・スピーカーから流れる27 人の声、鑑賞者のためのスコア、テキストから思い出されるナレーターたち自身の記憶を集めた冊子
グループ展Bodies that Matter(Flat Time House、ロンドン、2015)で発表