Breathing Organs / 2015

The “organ” has two different meanings: one is as a musical instrument and the other is as a part of the body. Both mechanisms of making sounds/voices are same, just sending the air from inside to outside.These simple harmonies lead an idea of collaboration between an organist and an organ itself, rather than regarding organist as a transparent player. In addition, Mozart Fantasia in F minor, which is one of the works played at the opening recital of Union Chapel, evokes the past memory of this building and the organ. Therefore, the audience will listen to multiple layers, which is created by historical memories of this architecture and an organist’s presence and his personal memories though breathing.

「オルガン」は二つの異なる意味を持つ。一つは音楽の楽器としての意味で、もう一つは体の臓器としての意味である。両者の音/ 声を出すメカニズムは同じである——ただ、内から外に空気を送るだけ。これらのシンプルな一致は、オルガンとオルガニスト自身のコラボレーションというアイデアを引き起こした。これは演奏者を曲を演奏するだけの透明なメディアとしてではなく、演奏を通じて楽器と対話をする一個人として捉える、という意味も込めている。 また、オルガニストが奏でるモーツァルトのFantasia in F minorは、コンサートの会場 Union Chapelで最初に開かれたコンサー トで演奏された曲であり、建造物としての教会、そしてオルガンの過去の記憶を呼び起こすものである。結果的に、オーディエンスは「呼吸」を通して照らし出される、建築物の歴史的な記憶、オルガニストの存在、そして彼の個人的な記憶という複雑に絡み合う層を聴くことになるだろう。

 

Credit
Composition for a pipe organ + an organist Roger Williams
Materials: Snorkel, Harmonica, Prerecorded audio file, Score
Length: Approximately 15 mins to 20 mins (it will be changed depending on the organist’s breathing)
Premiere: Concert ‘Mixture’, Union Chapel, London in 2015.
クレジット
パイプオルガンのための作曲
オルガニストRoger Williams によるオルガン演奏と事前録音したインタビュー音源
長さ:15-20分程度( 所要時間はオルガニストの呼吸のスピードによって変化)
コンサート “Mixture” (Union Chapel, London, 2015) にて初演。